弧を描いてみる

更新する~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

部長




揺れるバグは一向に直りませんなー



野良をやる気が全く起きないのはそのせいかな?


やってて上達する気がしない



ひたすらCW


チート使用者の噂も うちらがチートと言われている噂も

耳には入ってくるけど正直雑音で邪魔でしかない



こいつやってる奴だから仕方ないって思考になってしまう

確かにやられた時、すごいなってのは思う



チーターに 
「あっちも見えてるんじゃないの?」って思わせるくらいに成れれば一番だけど




チート公認してるクランなら別だけど(今は無いと信じたい)

普通に所属してるなら
コソコソ隠してやってるくらいの小心で、なおかつAIMも大した事無いだろうから


スイッチや人数かけて移動する事によってある程度カバーできる




本来相手に見られてる、こうくるかも(かもしれない)

と思いながら行動するのは基本だと思うし


もうあんまり考えないようにしよう、相手がチートかもしれないって事は。
そうしないと向上心が腐る



あと散歩というクランが現状何を目的にしてるかって事

無いより有るほうが良いと思うし

個人の目標というのは常に持ってるものだけど
それを共有するというかできるのは大事であり貴重


ここ最近、試合していったり話していく中で
変化していくみんなの心境の変化は感じるし

全員一致の目標っていうのはそのうち出てくるんじゃないかな




今はひたすら動きを合わせるという過程はある程度形になってる

ここまではほとんどのクランが到達できるポイント(集団として受動的で流動的)


それはその場の状況に合わせて個人の判断で動くというスタイル

多分これが当たり前の形だと思うし
これでハイレベルな連携技ができる(というか作戦のように成ってる)クランも多い(6senseとか
指示出しが引っ張っていくって感じもあるし全員が意思表示している場合もある


ただ癖が出るもんで 絶対壁にぶち当たる
そのまま話合いで成長していくクランも多い



問題は壁にぶち当たったとこからステップアップするためにどうするか


一つは上に書いた通り 反省してひたすらプレイする事によって解決する

もう一つは過去にあったチームや動画から、
作戦のような物を作り出し意識的に能動的に動いて試合するという方法



思いついた作戦をひたすら試して
組み立て方やメリット・デメリットを体に覚えこませる



そして最終的に
「無意識に」適切な(勝率や精度の高い)作戦を繰り出せるようになるのが目的

無意識で動いている時の動きの引き出しを増やす必要があるという事です

それは前者でも後者の方法でも変わらない一つの目標


僕のエゴの部分が大きいかもしれないけど
できれば意識的に組織として動きたい
やはり反省だけじゃなく計画して実行して反省して結果を出す事に意味を求めたい


だから後者の方法で頑張って行きたい
これが僕のゲームする上で進んでいく方針


作戦を使って勝つというのは一つの成果や結果ではあるが
それだけじゃダメというか意味が少ないという事



今は今でたとえば 
CADOROで この形は前と似てるな・・・なら
こういう動きを合わせて、グレはあそこに落とすとか

というように楽しんでるよ それはそれで楽しいから良い

そういう風にしてれば無意識に動けるように多少はなるかな



久しぶりの更新がなんだかつまらない内容でマジ申し訳ーッ!(がれきかよ!)
スポンサーサイト

| つまらない話 | 18:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/10/25 13:20 | |

そういうことはVCで言いなさい。
たぶん今の散歩でmukimiのこと馬鹿にするの
いないと思うし。

ただ1ついえることは名言集.txt追加しまくりました^-^;

| ぽいもん | 2012/10/25 17:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tuesarc.blog93.fc2.com/tb.php/150-5435f83c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。